iPadにおすすめのロジクール ワイヤレスキーボード K380

どんな人におすすめか?

iPadで文字も打ちたいけど、画面に出るiPadキーボードでは打ちづらい!物理的なキーボードが欲しい!という方に

我が家はPC1台なので、文字を打ちたいけどiPadしかない時は重宝してます

レビュー

ロジクールワイヤレスキーボードK380の評価
大きさ
(5.0)
打ちやすさ
(5.0)
(5.0)
値段
(4.5)
スペース
(3.0)
電池のもち
(5.0)
総合評価
(5.0)

 


大きさ

長さ × 幅 × 高さ
27.9 x 12.4 x 1.6 cm

私のiPadは11インチなので、少しはみ出るくらいです

A4コピー用紙の上に乗せるとこのくらいのサイズ感

私は、この大きさが最高に良かったです。

というのも、PCで使う一般的なキーボードとほぼ同じ大きさなんです。

打ちやすさ

十字キー以外はほぼ同じ大きさです。

大きさが同じだと何が良いかと言うと、

タイピングミスがかなり減ります。

以前、タブレットサイズのケースとキーボード一体型を使ったことがあるのですが、
使い慣れた大きさの半分以下の大きさのキーボード、手のサイズは同じなので、打ちにくい打ちにくい

持ち運びは楽でしたが、「これならフリックの方が早いんじゃないの?」と思うほどでした。

また、タイピングミスしにくい理由は、日本語配列でもあるため、シフトやコントロールキーなど、
妙な位置にありません。これも打ちやすさの理由でもあります。

キーボードと言えばタイピング音…

キーの高さはこれだけ。かなり薄いです。音もちょっとだけ。

私は寝てる子どもの近くで使うことが多いので、
音が小さいのはめちゃくちゃありがたいです。

値段

「キーボードに3000円くらいかぁ…」

とちょっと尻込みしてしまうけど、iPadの画面のキーボードは画面半分使ってしまうし、
フリックは打ちにくい…

作業効率を考えるならこの値段はむしろ安いと思います。

こんな感じで『ストリートエディタ』という機能を使って
漫画のセリフなんかを考えながらそのまま打って漫画に配置できる

絵を描く、文字を打つ をiPadで一貫してできるのは魅力ですよね

スペース

ただ問題なのはスペース

BoYataのスタンドと合わせるとこんな感じです。

参考 BoYata iPadスタンド レポート

スタンドと組み合わせるとA4サイズくらいのスペースが必要になります。

スペースが少ない人には少し大きいと思います。

スタンドを使わずにハードカバーの角度だけで使う場合はだいぶスッキリします

電池のもち

電源は単4の乾電池です。

付属品として乾電池がついてきます!(念の為商品の確認をしてください)

片手デバイスやiPad本体、Apple Pencilなど充電が多い中、乾電池は地味にありがたいです。

参考記事のタイトルとURLを入力してください

「あ~こっちの充電切れてる~」ということがないです。

2年くらい持つようですが、私は1年半使ってますが、まだ電池交換してません~


総合的に評価

スペース問題さえクリアしていれば、かなり手頃で使いやすいキーボードです。

漫画の執筆をする方で、PCとiPadを行き来する手間を省きたい方にはぜひおすすめです!

デザインもまるっこくてかわいいしね!